ガイアイオン ラドン吸入 疲労回復

やよい軒 池袋

池袋にあるやよい軒

 昨日は、18時から23時まで江東区のファミレスでデリバリーの仕事をしていました。寒い中、5時間もバイクに乗っていたのですごく疲れました。電車で池袋の駅に到着した時は、23時40分。池袋の近くにあるやよい軒にて夕食。やよい軒を出た時は、もうすでに午前を過ぎていました。自宅に到着したのは、0時40分頃。帰宅した時は疲れていて眠くて仕方がありませんでした。お風呂に入り、すぐに就寝。その際、ガイアイオンのポンプをベッドの上に置いてスイッチを入れ、ラドンを鼻から吸いながら、ぐっすり休みました。

 以下の内容はラドンを吸った時の私の感想です。

img_17[1]

ガイアイオン(ラドン生成器)

 「仕事による疲労で寝ても疲れが取れない時、ガイアイオンを使います。具体的には、ガイアイオンのポンプをベッドの上に置き、それを鼻にあてラドンを吸いながら寝ています。その日は、体がすぐに温まりぐっすり休むことができました。6時に起きなければならず睡眠時間が3時間くらいしかとることができなかったのですが、体の疲れが完全に取れました。ガイアイオンでラドンを吸った時の睡眠の質は違います。ガイアイオンでラドンを吸った状態で寝た時は、短時間休んだだけでも疲労が回復します。長時間休んでも疲労が取れない時もあるのに、ガイアイオンを使ってラドンを吸った時短時間でも疲労を取ることができるのは、睡眠の質が違うからだと思います。起床した時、疲れはなく気分も爽快でした。」

 上記の内容は、私のガイアイオンを利用した感想をまとめたものです。

 私の場合、ガイアイオンでラドンを吸うと仕事での疲労が取れます。普通に休むのとはまるで疲労回復のレベルが違います。ガイアイオンでラドンを吸った時の睡眠は、通常の場合に比べて、睡眠の質が高く、短時間の睡眠でも疲労の取れ方がまるで違います。

 ラドン浴療法は、癌・喘息・リウマチなどの大病などに利用される場合が多いです。具体的には、手術・抗癌剤・薬物投与などの標準治療に変わる代替治療、あるいは、標準治療と併用して使われます。もっとも、私の場合は、疲労回復の為に使います。

 一般に、ホルミシス効果にはホルモンの分泌を促進する効果があります。そして、ホルミシス効果によって分泌が促進されるホルモンの中には、脳下垂体前葉から分泌される成長ホルモンというものがあります。この成長ホルモンには、成長作用とタンパク質合成を促進する作用があり、身体の成長や修復、疲労回復に重要な役割を果たしていると考えられています。ホルミシス効果にはホルモン分泌機能があり、ラドンを吸入することで成長ホルモンの分泌する作用が高まり、疲労回復の面で一定の効果が期待できます。ひょっとしたら、私の疲労が回復したのはホルミシス効果によるものかもしれません。

 ラドンを吸う方法として、ホルミシスルームやガイアイオン(ラドン生成器)を利用する方法が挙げられます。副作用がなく、身体にかかる負担がないのが長所です。癌の治療、抗癌剤の副作用の軽減、リウマチの改善・病気予防・健康維持等、ホルミシスルームやガイアイオンを利用される方の目的は様々です。効果があるかどうは、人により個人差があるので何とも言えません。百聞は一見に如かず—-試してみるのが一番手っ取り早いと思います。

 このブログの御覧になられて、ホルミシス効果・ラドン浴療法・ガイアイオンに関心持たれて方、是非、電話もしくはメールにて御連絡下さい。お待ちしています。