ホルミシス ラジウム温泉保養センター

ラジウム温泉保養センター

ラジウム温泉保養センター

 都営新宿線一之江駅から徒歩15分のところにラジウム温泉保養センターがあります。昨日、私はそこで泥風呂冷泉とラジウム温泉に入りました。今日のブログはそこでの体験を綴ったものです。興味のある方は是非御覧下さい.

温泉のみ—1,200円/砂風呂&ラジウム温泉—3,900円

 1,200円払って温泉だけ利用しました。お風呂は小さく、左側のラジウム温泉風呂は黄緑色、右側の泥風呂冷泉は泥色でした。ラジウム温泉の温度は42℃、泥風呂冷泉は20℃。最初にラジウム温泉に入りましたが、5分入っただけで体がとても熱くなり、出た後もなかなか熱が身体から抜けませんでした。

 ラジウム温泉の掲示板には「効用」について次のように書かれていました。

効用「ラジウム温泉は入浴しますと、ラドンとトロンが皮膚に透過して体内に侵入します。その為体温が長時間保たれ湯冷めしません。」

泥風呂冷泉

泥風呂冷泉

 5分にラジウム温泉に入っただけで体内の熱が取れなかったのはラドンとトロンによるものなのかと体が火照った状態でぼんやりと思いました。ラジウム温泉の熱がなかなか体から熱が抜けなかったので、次に泥風呂冷泉に入りました。冷泉水の冷たさが皮膚にジーンと効きました。ラジウム温泉に入り体が火照っていたからでしょうね。次第に冷泉水の冷たさにも慣れ、冷泉水に入ること25分。「ラジウム温泉⇒泥風呂冷泉⇒ ラジウム温泉⇒泥風呂冷泉」を繰り返しました。ラジウム温泉で火照った体を冷泉で冷やし、冷えた体をラジウム温泉で温める、また火照った体を冷泉で冷やし、冷えた体をラジウム温泉で温める。それを4サイクル、合計2時間程ラジウム温泉を堪能しました。

 ラジウム温泉に入った感想は

①普通の温泉より体が温まること

②温熱効果が持続し体が冷えない

③湯気にラドンが含まれていて、肺からラドンを摂取することができる

 以上3点です。2時間程温泉にいて体も温まり本当にリラックスできました。前日睡眠が3時間しか取れず、朝6時から10時まで仕事がありかなり疲れていたのでしたが、すっかり疲れが取れました。最初、お風呂が小さかったのが不満だったのですが、入ってみると結構楽しめました。その日は、ほとんど人がいなかったためほぼ貸切状態でした。

 ラジウム温泉保養センターには砂風呂もあるので、今度は砂風呂に入るつもりです。

ラジウム温泉保養センター 砂風呂

        砂 風 呂

 

img_17[1]

    ガイアイオン

 弊店ではラドンを人工的に生成するガイアイオンがあります。自身、疲労回復にガイアイオンを使います。ラドンにはホルミシス効果がありますが、疲労回復に結構役に立っています。昨日は、ラジウム温泉でホルミシス効果を体感しました。体が芯から温まり、仕事の疲れが取れました。ガイアイオンでラドンを吸っても体温が上がらなくはないのですが、体の芯まで温まるとまではいきません。

 寒い時の温泉は実にいい、心の底からそう思えるような充実した1日でした。このブログを御覧になられ、ラジウム温泉に興味のある方、ラジウム温泉保養センターに行かれてみてはいかがでしょうか。結構、リラックスすることができ楽しめます。

ラジウム温泉保養センター

東京都江戸川区春江町5-5–13

都営新宿線一之江駅より徒歩15分