ホルミシスラドンについて

 

 ここ半年ブログを書きませんでした。忙しくて書けなかったというのは全くの嘘で、さぼっていました。すみません。

 今日はブログの内容は、弊ショップのホルミシスラドンについてです。先日、電話がありました。

「ホルミシス健康館(巣鴨)のラドン吸入器とホルミシスラドンは同じものですか。」

0003

弊ショップのラドン吸入器(1世代前)

0021

ホルミシス健康館(巣鴨)のラドン吸入器

 そんな質問をされました。上記質問に対する回答は以下の通りです。

 

 

 基本的には同種のもので、ラドン222が出ます。しかしながら、強いて言えば、以下の3点の相違点が挙げれれます。

1タイプ(型)

ホルミシス健康館(巣鴨)の方は、最新のタイプで、弊ショップのもの(「ホルミシスラドン」のこと)はそれより1世代前のものです。

 2濃度

前者がマックス4万ベクレルに対し、後者は3万ベクレルです。

3販売価格

前者が60万円(税別)に対し、後者が48万円(税別)です。

 

 よくラドンの濃度が濃い方が良いとおっしゃれる方がいます。しかしながら、必ずしも濃度が高ければ効果があるわけではありません。個人的には、濃度よりも、ラドンが合うかどうかの方が重要ではないかと思います。ラドンの量を上げれば、もっと病気の治療に効果が期待できるというのであれば、新型のラドン吸入器を使うというのも一つの方法かもしれません。それ故、まずは試してみてからと言ったところでしょうか。

以上が自身の回答です。

 ホームページを御覧になられ、何かしらの疑問がありましたら、遠慮なく弊ショップまで御連絡下さい。レンタルの申し込みでなくとも構いません。

 それでは。