ホルミシス効果 ガイアイオン 糖尿病

「ガイアイオン御購入者の喜びの声」を掲載しました。下記の内容はガイアイオンを利用して糖尿病の治療に成功した方の体験談です。御興味のある方は、是非御覧下さい。

 

「糖尿病と診断されていました。必死にガイアイオンを使いました。その甲斐があり、3ヶ月後より血糖値が正常の範囲内に納まるようになり、とても嬉しいです。食事療法ではあまり変わらなかった数値が大きく変わったのです。今後は健康維持のためにガイアイオンを使い続けます。」

 

 食事をとると血液から糖の一部はが運ばれエネルギーに変換されます。一方、エネルギーに変換されなかった糖は膵臓のβ細胞から分泌されるインシュリンによって脂肪に変えられエネルギーとして貯蓄されます。しかしながら、活性酸素により膵臓のβ細胞が傷つけられるとインシュリンを分泌する機能が低下し、エネルギーに変換されなかった糖が脂肪に変わらずにそのまま血液中に残ってしまいます。それ故、血糖値が上昇し、糖尿病が生じます。

  

 以上が糖尿病が生じるメカニズムです。

 上記の体験談はガイアイオンのラドンで糖尿病の治療に成功したケースについてですが、ラドン浴療法が糖尿病の治療にある程度の効果があることを示唆しています。一般に、ラドンには抗酸化物質を生成し、活性酸素が膵臓のβ細胞を傷つけるのを抑制し、インシュリンの分泌機能を保持する効果(ホルミシス効果)があります。そして、このインシュリンが正常に分泌することでエネルギーとして使われなかった糖は血液に残ることなく脂肪に変わり、高血圧になるのを防ぎ、糖尿病になるのを防止します。

  

 ラットに低線量率放射線を照射した実験があります。事前に低線量率放射線を照射しなかったラットについては血糖値が上昇しましたが、低線量率放射線を照射したラットの方の血糖値は極めて健常者に近く、糖尿病の発症が抑えられるという結果になりました。

 ホルミシス効果には個人差があり、糖尿病の治療にラドンが効果があると断言することはできません。しかしながら、ラドンには①活性酸素による膵臓のβ細胞の酸化を抑制する効果がある事②インシュリンの分泌を促進する効果がある事(ホルミシス効果)があり、糖尿病の改善にある程度効果ができるのはないでしょうか。弊店では、人工的にラドンを発生する「ホルミシスラドン」を取り扱っています。この「ホルミシスラドン」のラドンを吸うことで「ホルミシス効果」を体感することができます。

 

 ホルミシスラドン又はホルミシス効果に興味のある方は弊店のガイアイオンの通販サイトを是非御利用下さい。