ホルミシス効果 ガイアイオン 肝臓癌

 「ガイアイオン御購入者の喜びの声」から一部抜粋しました。肝臓癌の治療に成功された方の体験談です。御興味のある方は是非御覧下さい。

(以下の内容は肺癌の治療に成功したケースを取り上げただけであり、効果・効能を保証したものではありません。)

「肝臓癌でとても疲れやすくやむなく休職していました。ガイアイオン2ヶ月後には、体力が回復し、復職できました。そして3ヶ月後には医者よりもう来なくていいよと言われました。ガイアイオンに出会い、信じて使って良かったです。心より感謝しています。」

 以上です。

  

 「ホルミシス効果」とは多量に摂取したら有害な物質でも少量ならば身体に良い影響を与える効果があることを言います。東北大学名誉教授の坂本澄彦教授の臨床実験で低線量率放射線を癌患者(同意有)に照射して10年後の生存率を調査したものがあります。手術のみで低線量率放射線を照射しなかった患者の10年後生存率は50%であるのに対し、照射した患者の10年後生存率は84%という結果が得られました。この実験結果より低線量率放射線に癌細胞の増殖を抑制する作用があるのではないかと考えられています

 その理由を簡潔にまとめました。

 

1 抗酸化作用

 活性酸素が細胞を酸化すると遺伝子情報が損傷され、その損傷された欠陥情報に従って新しい細胞が複製されます。そのサイクルを繰り返しているうちに遺伝子情報の欠陥が拡大し、細胞増殖のコントロールの効かない癌細胞へと変わってしまいます。低線量率放射線にはSODやPDxなどの抗酸化物質を生成する機能があり、活性酸素による細胞の酸化を抑制し癌細胞の増殖を防ぐ効果が期待できます。

 

2 p53癌抑制遺伝子

 低線量率放射線にはp53癌抑制遺伝子を生成する効果があります。活性酸素によって細胞のDNAが損傷されるとp53癌抑制遺伝子が傷ついたDNAを修復しようと動き出します。p53癌抑制遺伝子はDNAを修復する「DNA修復酵素」を誘導するとともに、傷ついた細胞の増殖スピードを緩めてDNA修復酵素が損傷を修復するまで癌細胞が増殖しないようにします。

 

3 免疫システムの安定

 人間の身体の免疫にはTh1免疫細胞とTh2免疫細胞があり、ヘルパーT細胞がこの両者の免疫細胞のバランスを制御する機能があります。Th1免疫細胞は癌細胞を排除する機能がありますが、ヘルパーT細胞の制御機能が上手く働かずTh2免疫細胞が強く働きすぎると、Th2免疫細胞が癌細胞を排除することができず、癌細胞の増殖に歯止めがかからなくなります。しかしながら、低線量率放射線には免疫機能を安定させ、Th1免疫細胞とTh2免疫細胞のバランスを保つ効果があります。結果、Th2免疫細胞が強く働きすぎずTh1免疫細胞が正常に機能することで癌細胞を抑制する効果が期待できます。

 

 このように低線量率放射線にはホルミシス効果があり、①抗酸化作用 ②P53癌抑制遺伝子の生成 ③免疫システムの安定の作用 があり、癌細胞の増殖を抑制する効果が期待できます。弊店では「ホルミシスラドン」という人工的にラドンを生成する器械を取り扱っています。この「ホルミシスラドン」のラドンを吸うことでホルミシス効果を体感できます。ホルミシス効果は個人差がありますが、ラドン浴療法で癌の治療に成功した、副作用を抑えることに成功したなどの多数の体験談が報告されています。ブログを御覧になられホルミシス効果又はホルミシスラドンに興味を持たれた方は弊店の通販ショップを御利用下さい。

(以下の内容は肺癌の治療に成功したケースを取り上げただけであり、効果・効能を保証したものではありません。)