ホルミシス効果 抗酸化作用 生殖機能

 近年、精子機能低下による不妊が急増しています。その原因として食生活の変化が挙げられます。食生活と生殖機能について調べた研究では、精子を作る機能が低下している男性は、正常な男性と比較して食事からとる抗酸化物質が少ないという結果が得られています。具体的には、抗酸化物質が豊富に含まれている野菜や果物を食べなくなり、体内の抗酸化物質の量が減ることで、精子を作る機能が低下したのではないかと考えられています。

  

 一般に、男性不妊患者は強いストレスにさらさているため体内で生成される活性酸素の量が多く、その活性酸素による精子細胞のDNAを損傷が原因となって、精子の運動率・機能及び精子生成機能・受精能力の低下(生殖機能の低下)が生じているのではないかと考えられています。それ故、生殖機能の低下を防ぐためには活性酸素を除去することが必要であり、体内に活性酸素を除去する抗酸化物質を生成することが重要です。

 

 精子機能と低線量率放射線の効果の関係についての調べた実験があります。以下に簡単にまとめました。是非、御覧下さい。

 

 「人工授精を受けた患者から提供された精子検体30本を二群に分けた。一方の検体に対してはホルミシスボール70gを巻きつけて(ホルミシス療法群)、他方の検体に対しては何も操作を加えず、X線撮影室内に自然放置した(対照群)。その結果、検体採取直後3時間後、精子濃度及び精子運動率について調べたら、ホルミシス療法群の方は、統計学的に有意に高い値を示した。」

 

 以上です。このようにホルミシスボールを巻きつけた精子検体については、精子濃度及び精子運動率に関し統計学的に有意な数値が出たのは、低線量率放射線によって生成されたSOD及びG P x などの抗酸化物質(ホルミシス効果)が活性酸素による精子細胞のDNAを損傷及び精子機能の低下を抑制したからだと考えられえています。この実験結果から、現在、ホルミシス療法による不妊治療が期待されています。

 

 弊店では、人工的にラドンを生成する「ホルミシスラドン」を取り扱っています。この「ホルミシスラドン」のラドンを吸収することで「ホルミシス効果」を体感することができます。このブログを御覧になられホルミシス効果又は「ホルミシスラドン」に興味を持たれた方は、是非弊店のネットショップを御利用下さい。