ホルミシス効果 生活習慣病 活性酸素

 「生活習慣病」とは、食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が要因となって生じる疾病のことを言い、脳梗塞、心筋梗塞、脂質異常症などが挙げられます。

 生活習慣病の約9割は活性酸素が原因と言われています。例えば、動脈硬化は喫煙、飲酒、ストレス、運動不足などの偏った生活習慣が原因となり活性酸素が過剰に発生することで生じると考えられています。具体的には、活性酸素は細胞膜の脂質を過酸化脂質に変え、酸化された過酸化脂質は、腎臓から排出されず、いつまでも身体の中にとどまり、徐々に組織や臓器や細胞の外側から内部に向ってじっくりと浸透していって、細胞を傷つけ破壊します。その結果、血管壁がもろくなったり、ふさがれたりして血液の流れが悪くなり、脳梗塞や心臓病を引き起こす原因となります。

 

 「X線全身照射によるラットの大脳皮質細胞の変化を調べたところ、活性酸素を抑制する酵素であるSODの飛躍的増加が見られ、細胞の新陳代謝を向上させる細胞膜流動性の増大、細胞膜透過性を妨げる過酸化脂質の減少なども確認される。」

 

 これは、電力中央研究所の山岡聖典氏(現岡山大学教授)による実験結果です。この実験結果は、低線量率放射線には、抗酸化物質を生成し活性酸素による血管壁の酸化を抑制し、血管壁の脂膜が過酸化脂質に変わるのを防ぐ効果があることを示唆しています。血管壁の脂質が活性酸素により酸化されず、血液が正常に流れることで、心臓病・脳梗塞などの生活習慣病に罹りにくくなるわけです。

 ラドンには「ホルミシス効果」があり、その1つである抗酸化物質の生成する機能は、活性酸素による血管細胞の酸化を抑制し、心臓病・脳梗塞などの生活習慣病に罹りにくくする作用があります。弊店には、「ホルミシスラドン」という人工的にラドンを生成する器械があります。この「ホルミシスラドン」のラドンを吸収することで「ホルミシス効果」を体感することができます。心臓病・脳梗塞などの疾患をお持ちの方で、ラドン浴療法又はホルミシス効果に興味を持たれホルミシスラドンの購入・レンタルを御希望される方は、是非、弊店の通販ショップ「水素の力」を御利用下さい。