ホルミシス効果 54歳女性 子宮癌 術後リンパ節転移

3回のルーム使用で転移した癌の進行がストップ

 

 以下の内容は「医師がすすめる放射性ホルミシス2」(徳間書店)からの一部抜粋です。ホルミシス治療で癌細胞の増殖を抑制することに成功したケースを取り上げたものです。是非、御覧下さい。

 

 (この内容はホルミシス治療で癌細胞の増殖を抑制したケースを取り上げたもので、ホルミシス治療に効果・効能がある事を謳ったものではないので予め御了承下さい。)

 

 

 「患者は54歳Iさんの子宮癌の女性。2006年に子宮癌の外科手術を受けた後、点滴と内服による抗癌剤を放射線による治療で腫瘍マーカー(SCC)も安定したことで、治療を終了した。だが、その後徐々に腫瘍マーカーが上昇。腹腔内に陰影が認められたことで、腹腔内リンパ節への転移が判明した。2007年後半になると、マーカーの上昇は顕著になり、50ng/ml近くまで達した。しかし、患者としては前回の治療で抗癌剤に副作用で激しく苦しんだうえ、抗癌剤投与にもかかわらず再発を招いたこともあって、抗癌剤治療を拒否。代わりにホルミシス治療を選択することになった。

 2008年6月から3回のホルミシス治療と温熱療法を開始。すると、集中治療によって上昇一方だった腫瘍マーカーも下降に転じ、CTsスキャンに映される腫瘍の拡大も止まったという。現在、抗癌剤を使用せずホルミシスと温熱療法のみによる治療を行っているが、腫瘍の進展は効果的に抑制されている。特に、患者のQOLの改善は著しく、倦怠感もなく、食欲も旺盛。支障のない日常生活を送ることができているという。現在の課題はいつまでホルミシス治療を続けるかだが、万一腫瘍がなくならないまでも、「進展が抑えられることで共存。支障のない日常生活を送ることができれば、悪くないのではないかと考えています」と高取医師は患者の未来を見据える。」

 

 以上です。

 

 

 ラドンにはホルミシス効果があり、その効果に以下の機能があると言われています。

  • 1 抗酸化物質を生成し病気の原因である活性酸素による酸化を抑制する機能
  • 2 癌抑制遺伝子であるp53を生成し癌細胞の増殖を抑制する機能
  • 3 免疫機能のバランス保ち癌細胞やウィルスなどの外敵を攻撃し身体を守る機能

 

 上記のケースでIさんが癌細胞の増殖を抑制することに成功したのは、このホルミシス効果によるものではないかと考えられます。

 

  

 坂本澄彦教授の臨床研究で、癌患者の同意を得た上で低線量率放射線を照射して対照実験を行ったものがあります。この対照実験から低線量率放射線を照射しなかった場合では10年後生存率が50%であったのに対し、照射したケースでは84%という結果が得られました。この臨床結果は、低線量率放射線には免疫機能を高め癌細胞の増殖を抑制機能がある事を示唆しています。

  

 

 Iさんはこの副作用を避けるため、抗癌剤治療を行わず、ホルミシス治療と温熱療法を併用する治療法を選択しました。癌を完全に治すとまではいかないものの癌細胞の増殖を抑制することに成功しました。そういう意味で、Iさんの場合、ホルミシス治療は癌の治療にある程度の効果があったのではないかと考えます。

 

 

 ホルミシス効果は個人差があり、必ずしもホルミシス治療が癌の治療に効果があると明言することはできません。しかしながら、今まで、ホルミシス療法で癌細胞の増殖を抑制した、癌の治療に成功した、癌の副作用を抑えるのに成功したなどの多数の成功したケースが報告されています。弊店では「ホルミシスラドン」という人工的にラドンを生成する器械を取り扱っています。この「ホルミシスラドン」のラドンを吸収することで「ホルミシス効果」を体感することができます。このブログを御覧になられ「ホルミシスラドン」又はホルミシス効果に興味を持たれましたら是非御連絡下さい。