ホルミシス効果 74歳女性 非ホジキンリンパ腫 臨床病期ⅢA

抗癌剤の負担を軽減し、回復の大きな補助に

 以下の内容はホルミシス治療で非ホジキンリンパ腫の改善に成功したケースを「医師がすすめる放射性ホルミシス2」から取り上げたものです。是非、御覧下さい。

(このブログの内容はホルミシス治療で癌の治療に成功したケースを取り上げたもので、ホルミシス治療に癌を治す効果・効能がある事を謳ったものではないので予め御了承下さい。)

「74歳の女性患者Sさんは血液の癌であるT細胞性悪性リンパ腫が進行した状態で、多発性のリンパ部の腫瘍が認められた。T細胞性悪性リンパ腫の治療は難しく、進行もしていたことで、THPやCOPなどの複数の抗癌剤の連続投与を実施。治療の効果もあって、腫瘍は縮小傾向にあった。だが、問題は抗癌剤の副作用だった。患者は強い倦怠感や食欲不振に加え、口内炎を患ったことで食事ができず、体力が減退。治療プログラムの後半は通院もできなくなり、治療の継続が難しい状態になってしまったのである。そこで、抗癌剤治療と並行して週3回のホルミシス治療を行ったところ、すぐに患者の倦怠感が消失して口内炎も改善。食欲が出たことで、体力も回復足腰にも力が出て通院可能となり、治療を最後まで貫徹することができたという。結果、患者は、寛解を得ることができた。医学的に証明され、過去に大きな実績を挙げている抗癌剤は癌治療の大きな治療法として欠かせない治療法の1つだが、癌だけでなく患者の身体にも大きなダメージを与える。そのため、患者の中には抗癌剤の副作用で消耗してしまい、治療に耐えられない人も多い。」

 

 「こうした負担を軽減し、体調を整えることにホルミシス治療が有効だったようです。」と高取医師。ホルミシスが癌の必要治療への大きな補助となった一例である。

 以上です。

  

 このケースは抗癌剤治療とホルミシス治療を併用したケースです。Sさんは、癌の進行が大きかったために通常の手術で治すことができず、複数の抗癌剤を投与しました。抗癌剤治療が功を奏し腫瘍は小さくなったのもの、副作用で苦しむことになりました。しかしながら、Sさんは、週3回のホルミシス治療を行うことで、副作用は抑えることに成功し見事に癌から回復しました。一般に癌の場合、抗癌剤による副作用が激しすぎるために、副作用の苦しさやつらさに耐えられず、その後の治療を諦めてしまうも非常に多いです。しかしながら、Sさんはホルミシス治療を受けることで抗癌剤の副作用を抑えることに成功し、諦めずに癌の治療を続けることで、Sさんの腫瘍は寛解に至ります。

 

 ホルミシス効果は個人差があり、必ずしも抗癌剤の副作用を抑制する効果があるとまでは言えません。しかしながら、今までラドン浴療法で副作用の軽減に成功した多数のケースが報告されており、ある程度の効果が期待できるのではないかと考えます。弊店では「ホルミシスラドン」という人工的にラドン生成する器械を取り扱っています。ブログを御覧になられ、ホルミシス治療、ラドン浴療法又はホルミシスラドンに興味を持たれた方は是非御連絡下さい。