ホルミシス療法〜副作用軽減・QOLの改善①

 ホルミシス療法には、薬の副作用を軽減・抑制し患者のQOLを向上させる効果が期待されています。「QOL」とは、生活の質、人間らしい充実した生活・暮らしのレベルのことを言い、一般に薬の副作用が強いとQOLは低下します。

 例えば、抗癌剤には癌を治療する効果(主作用)がありますが、一方①嘔吐②下痢③便秘④口内炎⑤貧血⑥倦怠感⑦脱毛⑧手足の痺れ等の副作用を伴い、そのような副作用が強すぎると癌患者のQOLは低下します。最近、そのような副作用の軽減・QOLの改善に有効な方法として、この「ホルミシス療法」が注目されるようになり、副作用の改善に成功した体験談が多数報告されています。

 以下の内容は、ホルミシス療法で癌の副作用の軽減に成功したケースについてのもので、「医師がすすめる放射性ホルミシス2(ホルミシス臨床研究会)」から抜粋しました。是非、御覧下さい。

(このブログの内容は、ホルミシス療法で抗癌剤の副作用の軽減及び癌の治療に成功したケースを取り上げたものであり、効果・効能を保証したものではありません。予め御了承下さい。)

 患者は56歳の男性。のう砲性の膵臓がんが進行して、腹腔内や鎖骨上のリンパ節、肺などへ転移。腫瘍マーカーCA19-9も高値を記録。手術は適応がないため、重粒子線と抗癌剤による治療が行われた。しかし、胸・腹水の貯留や巨大な胆のう砲の圧迫症状が強くみられるようになった。さらに、TS-1やジェムザールなどの抗癌剤の副作用とあいまって、患者の食欲が衰え、強い倦怠感、微熱などの諸症状が悪化。日常生活もままならない状況になり、西洋医学では手の打ちようがなくなりつつあった。 そこで、週3回のホルミシス治療を行ったところ、体内に溜まった水が減少を開始。倦怠感もなくなって、マーカーも下がり始めた。さらに、ホルミシス治療より少し遅れて局所的に高温を当てて患部を温める温熱療法を開始したことで、症状はさらに改善。食欲も回復して、患者は正常な日常生活へ復帰することができた。最近では抗癌剤の使用も中止。軽作業もできるようになったことで社会復帰して、休日にはゴルフもできるようになったという。 「ホルミシス治療や温熱治療は癌に対する抵抗力だけではなく、抗癌剤の副作用や食欲増進などに対しても有効に働き、西洋医学の治療と上手く共存できたと考えています」と高取医師。「他の治療も続けてきたので、ホルミシスだけが効果があったとは言えませんが、少なくともターニングポイントになったのは確かだと思います。」 従来の治療で不足していた部分をホルミシスが補ったことは確かだ。

  以上です。

「週3回のホルミシス治療を行ったところ、体内に溜まった水が減少を開始。倦怠感もなくなって」「食欲も回復して、患者は正常な日常生活へ復帰することができた。」
ホルミシスラドン①

弊店のホルミシスラドン

  嚢胞性の膵臓癌の治療に抗癌剤に治療をしたことで、食欲不振・倦怠感・微熱などの副作用に苦しみますが、この癌患者はホルミシス療法を開始することで副作用を軽減しQOLを改善することに成功します。もっとも、ホルミシス効果は個人差があるので、副作用を除去・軽減する効果があると断言することはできません。しかしながら、上記のようにホルミシス療法を上手く利用することで抗癌剤投与による副作用を抑制し、癌の治療に成功したケースもあります。それ故、ホルミシス療法は癌の治療にある程度の効果が期待できるのではないかと考えます。

 弊店では、人工的にラドンを生成する「ホルミシスラドン」という器械を取り扱っています。この「ホルミシスラドン」のラドンを吸収することで、「ホルミシス効果」を体感することができます。このブログを御覧になられ、「ホルミシスラドン」の購入・レンタルを御希望されるのでしたら、是非弊店の通販ショップ「水素の力」を御利用下さい。

(このブログの内容は、ホルミシス療法で抗癌剤の副作用の軽減及び癌の治療に成功したケースを取り上げたものであり、効果・効能を保証したものではありません。予め御了承下さい。)