ホルミシス療法〜関節痛・事故後遺症

 ホルミシスシートを使い、関節痛及び交通事故の後遺症の軽減に成功したケースについて掲載します。「放射線ホルミシスの話(藤野かおる編著・せせらぎ出版)」p86から引用しました。是非、御覧下さい。

(このブログの内容は、ホルミシスシートで痛みの除去・軽減に成功したケースを取り上げたもので、効果・効能を保証したものではないので予め御了承下さい。)

ホルミシスシート

ホルミシスシート

 この冬の寒さからか、昨年の暮れより主人(60歳)は関節の痛みを訴えていましたが、知人よりいただいたこのシーツを使ったところ、2週間ほどで「膝がほぼ治ったようだ。どうしてだろう」と言うので、今度は私(57歳)が使ってみました。するとどうでしょう。

 「ワ〜ッ、何これ!」悲鳴めいた声を上げてしましました。3ヶ月前に交通事故に遭い、首や股関節、足首を痛めましたが、治療も進み良くなっていたのです。ところが、何と後頭部がグワングワンと脈打ち、シャッシャッと耳鳴りがして、時々太ももの中央がピクピクしたり、肩がキリキリ痛みましたが、そのまま寝ると、翌朝はスッキリ目覚め、後頭部を触ってみると驚いたことに、ポコッと出ていた腫れも引いて、平たくなっていました。もう後頭部を揉んでも痛くありません。トイレに行くと、みかん色の尿が出たのにも驚きました。ほんとうに不思議なシーツです。 

 以上です。

 ホルミシス効果には、メチオニンエンケファリンというという鎮痛作用のあるホルモンを分泌する機能があります。ウサギにラドンを多量に含む池田鉱泉水を飲ませ、血液中のホルモンの量を調べた実験がありますが、池田鉱泉水を飲んだ後ではウサギの血液中に含まれるメチオニンエンケファリンの量が激増する実験結果が得られました。

スクリーンショット (61)


池田鉱泉水飲水後のウサギの血液中に含まれるメチオニンエンケファリンの量の変化について

 

 上記のケースで、ホルミシスシートを使い関節痛及び事故の後遺症の痛みの軽減に成功しましたが、これはホルミシス効果の持つ鎮痛作用によるものではないかでしょうか。

 

 確かに、ホルミシス効果は個人差があるので痛みの除去・軽減に必ずしも効果があると断言することはできません。しかし、上記の成功事例もあり、ホルミシス療法は鎮痛の面である程度の効果が期待できるのではないかと個人的には思います。

 

 弊店では、ラドンを人工的に生成する「ホルミシスラドン」という器械を取り扱っていて、このラドンを吸収する事で「ホルミシス効果」を体感することができます。このブログを御覧になられ、ホルミシス効果・ホルミシス療法に興味を持ち、「ホルミシスラドン」の購入又はレンタルを御希望される方は、是非、弊店の通販ショップ「水素の力」を御利用下さい。