前立腺癌 西川きよし

 

 今日のブログの内容は前立腺癌についてです。週刊誌に人気お笑いタレントの西川きよしさんが前立腺癌に罹った記事が掲載されていました。その記事を一部引用します。

 

 吉本興業所属のタレント西川きよしが前立腺癌のため休養に入ることが16日、関係者によると、週明けにも都内の病院に入院し、今週中に手術をする。その後、ホルモン療法を行うとみられ、経過観察をする。1ヶ月ほど入院する見込み。癌のステージは初期で、2月の中旬の仕事復帰を目指す。

 

 

 以上です。

 

「前立腺癌」とは、前立腺に細胞が正常な細胞増殖機能を失い、無秩序に自己増殖する事を言います。早期に特徴的な症状が出ない為に発見するのが困難な病気で、ある程度癌が進行した段階になって、尿が出にくい、排尿後すっきりしない、トイレに行く回数が多いなどの症状を伴う病気だと言われています。

 

「前立腺癌」には、以下の1〜3の特徴があります。

 

  1. PSAなどの検査などで数値が高くなる
  2. 胃癌、肺癌、結腸癌に次いで4番目に多い癌で男性の12%が掛る
  3. 45歳までは発症しにくい

 

西川さんは、薬での治療も考えましたが、病院のせんせいと相談した上で、手術を受ける選択をしました。

 

前立腺癌の治療には

 

  1. ホルモン療法
  2. 手術
  3. 抗癌剤投与
  4. 放射線療法

の方法があると言われています。

 

 早い段階での根治を望む「手術」による癌細胞の切除が有効だと考えられています。しかしながら、前立腺内に癌がとどまらず転移したケースの場合は、「手術」による治療が必ずしも効果的と言えない為、PSAによる前立腺癌の早期発見がキーだと考えられています 関係者によると「手術すれば問題ないと聞いています。早期発見で本当に良かった。」とのことです。

 

 西川さんが、自身の前立腺癌の治療に手術を選択できたのは、PSAによる前立腺癌を早期発見ができた事、前立腺癌が他の臓器に転移していなかった事が少なからぬ影響しています。前立腺癌は手術で根治が可能であり、適切な手術をする事で高い確率で延命を望む事ができると言われています。

 

西 川さんは69歳という高齢である為、手術が上手くいき病状が回復するかどうか微妙なところですが、初期で進行していない為、根治する事が期待できます。自身、西川さんが前立腺癌の治療に成功して元気な笑顔をテレビで楽しみに待っています。