安倍総理が総理公邸に持ち込んだラドン吸入器について

 

<週刊新潮抜粋>

「昭恵夫人は安倍さんを心配して、効果的な治療法がないか探していた。2年ほど前、ラドン療法に詳しい東京女子医科大の川嶋明准教授と出会い、ラドン吸入器を使用することにしたと聞いています。」

 川島准教授はホルミシスの権威者。「ホルミシス臨床研究会」のホームページを見たら、「代表理事」という役職に就いているみたいです。ホルミシス療法を取り入れていることで知られています。安倍総理夫人が川嶋准教授との出会いをきっかけにラドン吸入器を利用し始めたみたいですね。

 130326_161511

 

111

弊ショップの新型ホルミシスラドン

「吸入器とラドン水の生成装置のお値段は、合わせて200万円以上。ラドンの濃度は1万7000ベクレル/㎡。」

 弊ショップの新型のホルミシスラドンは3万ベクレル/㎡で518,400円です。ラドンの濃度も弊ショップの方が高いですし、値段もはるかに安いです。

 

 

 

「週に数回、ラドンルームに入ると13カ月で潰瘍が見事に消えました。」(某会社社長の談)

「ラドンの治療は標準的な治療ではないので、自己責任が必要。潰瘍性大腸炎に効果があるかと言えば、臨床試験がないので何とも言えません。」

 瘍性大腸炎にホルミシス療法は効果があるかと言えば、微妙と言えば微妙ですね。上記発言をされた方は13月間ラドン浴療法を実践することで潰瘍性大腸炎の治療に成功されました。安倍総理も今元気でいるところを見ると、同じように潰瘍性大腸炎の治療に成功したと言えるでしょう。

 ただ、潰瘍性大腸炎という病気自体原因が不明です。それ故、治療方法が明確にあるとは言い難いと言えるでしょう。そのような病気だからこそ、ホルミシス療法は試してみる価値があるのかもしれません。私見ですが、ラドンを吸うことで免疫力が高まり、徐々に潰瘍性大腸炎は回復したのかもしれません。